霊に憑かれた方が受ける影響

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

この記事は下記の記事の続きです。

 

霊に憑かれた方が受ける影響

霊に憑かれた方が受ける影響

霊に憑かれた方が受ける影響

 

 

 

こんにちは。

今回のテーマもいよいよ最後となりました。何度も言うようにこんなに長くなるつもりで始めた訳ではなかったのですが…。

 

 

それでは本題に入りたいと思います。

今回はい離織ぅ廚砲弔い討らです。

 

 

「へ瓩い進の周囲の人間に悪い影響を与えるタイプ(家族が病気になる、パートナーがトラブルに巻き込まれる等)」

 

 

こちらのタイプは,離織ぅ廚留洞舛髻憑いている方の周囲の人間に与えるタイプです。このタイプの場合、憑かれている本人の身体や状況に問題はなくとも家族や職場等で問題が起こる為に、結果的に憑かれている方の状況も悪くなっていくという影響を受ける傾向にあります。

 

 

これについてもいくつか例を挙げると、子どもが病弱の為思うような仕事につけない、まだ若い母を急遽介護しなければなくなった、転勤するのは同僚だったのに同僚が事故に遭ってしまい自分が転勤することになってしまった、パートナーが突然失業し急遽働かざるを得ない状況になった、というもの等があります。

 

 

これらについて共通しているのは、「自分の身近な人間にトラブルが起こることで、結果的に自分の状況も悪くなっている」という事です。このタイプの影響を与える霊が何故このような回りくどい事をするのかというと、単純に本人を苦しめるよりもその家族や周囲の人間を苦しめる事で本人の苦しみ等が倍増するからです。

 

 

人は自分の苦しみより家族や大切な人が苦しむことの方が辛く感じるものです。またその大切な人の苦しみの為に自分が苦しい状況になる為、大切な人の事を大切に思えなくなってきてしまうのもとても辛く感じます。

 

 

このような影響を与える霊はそういった苦しみを意図して与えていることが多いようです。なぜそんな苦しみを与えようとするのかというと、このタイプの霊はとても強い憎しみや苦しみを持って亡くなった魂であることが多く、その憎しみや苦しみを晴らしたい、自分よりもっと苦しい目に合わせたいという想いからそのような事をするようです。

 

 

ちなみに私を含め私の家族は今の力を得る前はこのタイプの霊たちにとても長い間苦しめられていました。その影響からか昔の私はとても病弱でしたし、なおかつ家族や近い親族みんなが様々なトラブルに巻き込まれているという状況でした。今はもうその霊たちも成仏したので状況は徐々に改善され確実に良い方向に向かっていますが、この霊たちには本当に苦しめられました。

また話は違いますが、この事は私が今のような力を得るきっかけになった出来事でもあるので、そのうち別の記事で触れようと思います。

 

 

それでは次で最後になります。

 

 

ヘ瓩い進の周囲の人間の「心」に悪い影響を与えるタイプ(親しかった家族や友人との不仲、職場での人間関係の悪化等)

 

 

こちらのタイプは△離織ぅ廚留洞舛鮗囲の人間に与えるタイプです。このタイプもまた周囲の人間に影響を与えることで、結果的に憑いている方に悪い影響をもたらすというタイプのものです。

 

 

こちらもいくつか例を挙げますと、優しかった子供が急に人を傷つけるようになった、仕事も家庭も順調だったのにパートナーの浮気が発覚した、職場の人間関係が悪くなり始めたことがきっかけで売上が落ち職場が無くなってしまった、親友とのちょっとした行き違いで親交がなくなった、等のようなものがあります。

 

 

これらについて共通して言えることは「自分の身近な人間が悪い方向に変化したことで、結果的に自分の状況も悪くなっている」ということです。

 

 

ただこのタイプが△醗磴εは、自分には異常がなく正常である場合があるということです。その結果どうなるかというと、自分が正常なまま家族や身近な人が正常ではなくなってしまうので、逆に今まで大切だった方を自らの意思で切り捨ててしまう可能性があるということです。同様に正常でなくなった方も正常なその方を異常だと思ってしまう為、その方も自らの意思で相手を切り捨ててしまう可能性もあります。

 

 

これはとても悲しい事です。本当は何も変わっていないのに、本人たちに原因は全くないのにも関わらず、目に見えない存在によって変えられてしまい、自らの意思で大切な人を見放し、見放されてしまうのですから。

 

 

少し簡単な説明となってしまいましたがイ砲弔い討楼幣紊砲覆蠅泙后

 

 

以上、霊に憑かれた方が受ける影響という内容で4記事分書いてきましたが、少しだけでもお分かり頂けたでしょうか?

私自身話が脱線してしまったりしてしまっていたので、もし「あの部分がよくわからない」「この部分についてもう少し説明してほしい」というようなものがありましたら遠慮なくご連絡下さい。

 

 

すぐに記事に反映させられるかどうかはまた別の話ですが、記事にして回答させて頂こうと思っております。またそれはこちらの記事に限らずどの記事においてもお聞きしますので、宜しければご連絡下さい。

 

 

それでは最後になりますが、前回の記事内でも触れた通り今回ご紹介した事は目に見えない存在の影響がなくても日常的にあり得ることですし、むしろそのほとんどは彼らの影響は一つもありません。

ですがその中でもやはりおかしいな、変だなと思うように感じるときがあれば、それは目に見えない存在の影響かもしれませんので何かしらの対処を行う事をお勧めします。

 

 

これでこのシリーズの記事を終わりとさせて頂きます。

 

 

最近は少し読者の方を不安にさせるような記事が続いてしまったので、次回からは読者の方の気持ちが明るくなるような記事を書こうと思っています。(あくまで予定ですが…笑)

 

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

宜しければ応援クリックお願いします。


スピリチュアルランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

 

霊に憑かれた方が受ける影響

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

この記事は前回と前々回の記事の続きです。

 

前回、前々回のおさらいはこちらからどうぞ。

憑かれた方が受ける影響

憑かれた方が受ける影響

 

 

 

こんにちは。

 

 

本日は前回の記事の続きで「X瓩い進に不運やトラブルをもたらすタイプ(事故、仕事のトラブル、自身の力が及ばない範囲での不運が続く等)」の説明から始めようと思います。

 

 

X瓩い進に不運やトラブルをもたらすタイプ(事故、仕事のトラブル、自身の力が及ばない範囲での不運が続く等)

 

こちらのタイプも悪いものに憑かれた時に出る症状として一般的に認知されているモノだと思います。こちらは,醗磴外的要因に作用して憑いている方に悪い影響を与えます。その一例として事故、仕事のトラブル、自身の力が及ばない範囲での不運が続く等を上げましたが、少し具体例を紹介しようと思います。

 

 

例えば、車のもらい事故等ほとんど自分が原因でない事故に遭い怪我を負う、自分の管轄内の仕事で普段はあり得ないトラブルが連続して起こり責任を取らされる、その他ちょっとした不注意でコップを割る、怪我を負う、他人に怪我をさせてしまう、財布を落とす、大事なものを紛失する等のちょっとした不運が続くというような事が挙げられます。

 

 

もちろん上記の例は普段の生活の中でもあり得る事ですが、霊に憑かれた方に上記のようなトラブルが起こる際には普段と違うと

感じる部分があります。下記のような感覚がある方というのは、症状の大小はあれどもしかしたら何かしらの霊に憑かれている可能性があります。

 

 

,匹譴世叡躇佞鬚靴討い討皀肇薀屮襪起こる

 

霊の影響で不運が続くと言う方の場合、まず注意力が散漫になります。またどれだけ注意をしても、自分の力の及ばない範囲のトラブルに巻き込まれてしまうようです。それも一度や二度ではなく、1ヵ月の間に数回等、比較的短期間で連続して起こることが多いようです。

その為このような方は周囲から要注意人物として警戒されてしまいます。これは何度失敗しても注意をしてもトラブルがなくならないからです。ですが本人にはちゃんと注意している自覚はあるのです。

強い精神力や霊の影響以上に努力することでこれらの影響を乗り越える事が出来る方も多くいるようですが、人によっては次第にそのギャップから自分自身を貶めるようになり、幸せな人生から遠ざかってしまってしまう方もいるそうです。

 

 

普段はほとんどしないはずの行動をとってしまい、その時に限ってそれが原因でトラブルが起こる

 

いくつか例を挙げます。「普段の通勤はAという道から行くけど、今日はBという道から行こう」と思ってBという道を行ったら事故に遭った。お酒は好きじゃないのにその日は何故か美味しく感じてしまい泥酔して記憶を無くしてしまった、帰り道で財布を落としてしまった。その日は仕事にやる気があった為、普段はしない残業をしていたらその日に限って自分の仕事とは関係ないトラブルに巻き込まれてしまった。

このように、普段はこんなこと起こらないのに何故そんなときに限って…というようなタイミングでトラブルが起こったりするようです。

 

 

ちなみにこのタイプの影響を与える霊というのは悪意をもって影響を与えている場合ももちろんあるようですが、単純に成仏出来なくて救いを求めて憑いている場合も多いようです。

 

救いを求めているのに何故悪さをするの?と思うかもしれませんが、それは人間は悪い事が起こらないと「何かあるのでは?」と考えないからだそうです。仮に成仏出来ない霊が救いを求めてその方に宝くじで高額当選させたとしましょう。その場合、その方はとても幸運だったとは思えど、何か悪いものが憑いているとは決して考えないでしょう。これは少々極端な例かもしれませんが、このように人間は良い事があってもラッキー程度にしか思えない方が多い為、成仏出来ない霊たちは人間に悪い影響を与えて気付いてもらえるようにするそうです。

 

 

 

についてのお話は以上です。引き続きい砲弔い峠颪海Δ隼廚辰燭里任垢、その前に誤解があってはいけないと思ったので少し今までの内容について振り返ろうと思います。

 

 

誤解というのは「これまでの内容にいくつも当てはまるから、私にはきっと悪いものが憑いている」と思ってしまう誤解です。

ご紹介した例にいくつも当てはまっている場合はもちろんその可能性はあるのですが、だからといって必ずそうであるという訳では決してありませんのでそのことについて少しお話していきます。

 

 

ここまで3記事に渡って霊に憑かれた方が受ける影響を書いてきました。これらの内容の中には先ほどもお伝えしたとおり、ご自分でいくつか当てはまっているなと思う事もあったかと思います。ですがそれらの症状や出来事と言うのは、全てが目に見えない悪い存在が影響している訳ではなく、何も憑いていない正常な方にも当然多く起こっている事なのだそうです。(というよりほとんどの出来事は悪い存在による影響ではないようです)。

 

 

これは物事には意味があることもあればないこともあり、様々な偶然が重なって起きてしまっただけの出来事であったり、以前守護霊さんについての話をした時の「成長させる為の障害・トラブル」であったりする場合もあるからだそうです。ですので、何か出来事が起こった時にそれが自分にとって都合の悪い事だったからと言って、一概に全てが悪いものの影響かと言えばそれは違うようです。

 

 

じゃあトラブルや障害が守護霊さんの用意したものなのか、それとも悪い霊によるものなのかはどう見分ければいいの?

 

 

という疑問も湧くと思いますが、これについては色々と細かく突き詰めていけばわかる方法もあるそうなのですが、残念ながら簡単に明確に見分ける方法というものは存在しないそうです。ですが一つの基準として見分ける方法も中にはあるようなので、今回はその一つをご紹介します。

 

 

その方法とは「一つの障害やトラブルが全て解決した後、自分の心や思考、あるいは身体が成長出来たかどうか検証する」というものです。守護霊さんが用意する障害やトラブルというのは全て、そのトラブルを解決する、乗り越える、あるいはその場から逃げる等、何かしらの行動をすることでその方の成長を促す為のものなのだそうです。

 

 

ですのでトラブルが解決した後に、今回のトラブルを解決した事で何か自分が気付ける事はあったか、自分の成長になったことはあったかを考え、もしその出来事が自分の為になっていたと思えるのであれば、それは守護霊さんがその方の為に用意したものなのだそうです。

反対に、自分には全く為にならずただただ不運とトラブルによる悪影響だけが残っているのであれば、それは良くない影響を与えている存在の可能性があるようです。

 

 

ちなみにこの方法のコツは「障害やトラブルがしっかり解決した後に少し時間を空けて冷静に考える」ことだそうです。守護霊さんが用意する出来事も時には辛かったり苦しいものもあるようです。その為、その出来事の真っ只中にいるとどうしても悪いものの影響にしてしまいたくなりがちですが、その出来事を終えた後で冷静に考えればちゃんと自分の成長を実感できるのだそうです。

 

 

それでは今回もまた長くなってしまったので続きは次回にしようと思います。

次回で必ず本当に終わらせます…!(それも予定ですが…)

 

 

本日も最後まで呼んで頂きありがとうございました。

 

 

宜しければ応援クリックお願いします。


スピリチュアルランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

 

霊に憑かれた方が受ける影響

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

こんにちは。

本日は前回の予告通り本題であった「憑かれた人間が実際にどのような影響を受けるのか?」について書いていこうと思います。

 

 

 

前回の記事でご説明した通り、成仏出来ない霊に憑かれた人間は様々な影響を受けます。それらの影響は憑りつく霊の性格や憑いた理由や原因によって変わるようですが、彼らが与える影響でよくあるタイプのものを5つ紹介します。()内は一例です。

 

 

‖猟管堽匹簓袖い覆鼻憑いた方の身体に直接悪い影響を与えるタイプ(原因不明の身体のだるさ、体調不良や病気等)

 

 

気分の上下、思考や感情の乗っ取り、心の落ち込み等、憑いた方の心に影響を与えるタイプ(性格が変わった、キレやすくなった、鬱になってしまった等)

 

 

X瓩い進に不運やトラブルをもたらすタイプ(事故、仕事のトラブル、自身の力が及ばない範囲での不運が続く等)

 

 

へ瓩い進の周囲の人間に悪い影響を与えるタイプ(家族が病気になる、パートナーがトラブルに巻き込まれる等)

 

 

ヘ瓩い進の周囲の人間の「心」に悪い影響を与えるタイプ(親しかった家族や友人との不仲、職場での人間関係の悪化等)

 

 

以上がその5タイプです。

 

 

ただ、憑かれた人間が受ける影響というのはこの中の一つだけという事はあまりなく、ほとんどの方が上記の3〜5タイプ、またはその他のタイプの影響を同時に受けている事が多いようです。

 

 

それではこれらのタイプについて少し詳しくお話していきます。

 

 

‖猟管堽匹簓袖い覆鼻憑いた方の身体に直接悪い影響を与えるタイプ(原因不明の身体のだるさ、体調不良や病気等)

 

 

こちらのタイプは霊に憑かれた人間が受ける影響として一般的に認知されているものではないでしょうか。これは上記の内容の通り、憑かれた方が病気になったり、原因不明の体の不調を起こしたりするタイプです。身体の不調程度ならまだ良いですが、憑いている霊の状態によっては死に至る病を発症し、そのまま亡くなられてしまう場合もあるようです。

 

 

この影響を与える霊の傾向としては、二つのタイプの霊が多いようです。一つは、意図的にい影響を与えているつもりはないが結果的にエネルギーが奪っているというタイプ、もう一つは悪意を持って攻撃しているタイプです。

 

 

前者は単純に成仏の仕方がわからず、助けを求めて憑いている霊であることが多いです。後者は憑いている方を憎んでいたり、強い憎しみや恨みを持って亡くなった霊にみられます。

 

 

またタイプに関係なく、病気や体調不良が出る場所というのは憑かれた霊の亡くなり方に関係するようです。切腹で亡くなった侍であれば首と腹の痛み、内臓系の病気で亡くなった方は内臓の病気といったようにです。

 

 

 

気分の上下、思考や感情の乗っ取り、心の落ち込み等、憑いた方の心に影響を与えるタイプ(性格が変わった、キレやすくなった、鬱になってしまった等)

 

 

こちらのタイプについては「憑依」という言葉で良く知られているかもしれませんね。ただ「憑依」というと、突然人が変わってしまう、狂ってしまうというようなイメージがあると思いますがそれは極端な例です。もちろんそういった例もこのタイプに含まれるのですが、このタイプの影響というのはもっと日常的なレベルで影響を受けてしまう事が多いようです。また日常的なレベルでの憑依なので、最も気付きにくいタイプのものでもあるかもしれません。

 

 

では日常的なレベルでの影響というのが具体的にどのようなものかというと、本当に小さなレベルで言えばちょっとしたイライラ怒り、やってはいけないと頭ではわかっているのに感情的にやってしまう等、そういった部分から彼らは影響を与えます。

 

 

え?その程度?と思うかもしれませんが、一つ一つの影響は小さくともそれらの影響は次第に憑いている方の人生を左右するまでのものになる可能性があります。例えば、本人からすればキレたことさえも覚えていないくらいとても小さな怒りだったとしても、キレられた方からすれば「この人ってちょっとおかしい人なんだ」「理不尽な人なんだ」という印象を与えかねません。そうなるとその方の信用はどんどん無くなっていきます。

 

 

憑かれた方の行動というのは理不尽な言動であったり、自分自身が言っている事と行動が一致していなかったりする場合が多いようです。これは憑かれている方の意思と思考、憑いている霊の意思と思考が混在している為に起きるようです。

 

 

憑かれている本人もおかしいと感覚的にはわかっている場合もあるようですが、多くの場合は憑かれている方の意思と思考を自分のものと勘違いしてしまう為(というより普通は疑う発想すら出ないと思います)、自分は間違っていないと思ってしまうようです。

 

 

これらの事が何ヵ月、何年も続いた場合、憑かれた方は多くの方の信用を失っていたり、自分の人生はこんなはずじゃなかったと思うような人生を歩んでしまう場合も多々あるようです。結婚して離婚してしまう方の中には「結婚した当初はあんな性格じゃなかったのに…」というような事を言う方も少なくないようですが、その中にはこういったものに影響された事が要因であることもあるようです。

 

 

その他このタイプから受ける影響で、気分を落ち込ませたり、理由もなく不安にさせたりする場合等があります。やはりこれらの影響も長く受け続けてしまう事で、理由もなく将来が不安でたまらなくなったり、鬱や引きこもりになってしまったりするようです。

 

 

このタイプは本当に厄介です。なぜなら憑かれた本人は気付くことがとても難しいですし、周囲の人間はその方の人間性を否定し始めてしまい、その方と関わらないようになってしまうからです。また霊に憑かれた人間というのは浄霊や除霊等のものを避けるようになります。なぜならそういった所に行くことで、自分が取り除かれてしまうのではないかという事を考え、憑いている霊が避けようとするからです。

 

 

その為このタイプの影響を受けた人間は、自分自身の強い意志を持って自分を疑って処置を受けに行くか、もしくは周囲の人間が気付いて処置してあげるかしないと、誰にも気付かれずに生涯を終えてしまう可能性もあるようです。

 

 

 

実は私も未だにこのタイプの影響を受けることがあります。普段行かないような場所へ行ったり、人が多く集まるようなところに行くとそういった霊が憑いてきてしまうようなのですが、普段は何でもない事にイライラしてしまったり、何故か急に理由もなく不安で心が一杯になってしまうことがあります。

 

 

そんなときは自分の思考をちゃんと整理して「普段はこんなことでイライラするか?この不安は本当に自分の不安か?」という事を考えて、その思考が自分の思考なのか、それとも自分以外の思考なのかを整理します。

 

 

私の場合はそれが自分の思考でないと気付いた瞬間に浄霊してしまうのですが、これを読んでいる皆さんはなかなかそういう訳にもいかないと思いますので、皆さんにも対応出来る方法をお伝えしますね。

 

 

やり方は上記までは一緒です。自分の思考を整理した後は「これは私の思考だけど、これは私の感情ではない」というように、自分の中でしっかりと自分の思考と感情を選別してください。時には自分が現時点で感じている感情に逆らう必要がある場合もある(感情的には怒っているので人に当たりたくなる等)ので、選別した後でも行動や感情をフラットに戻すのに難しい場面もありますが、それでもやらないよりはずっと良いそうです。

 

 

なぜならこれを行うことで、何か特別な理由があって憑いている霊でなければ、その後はいなくなる可能性が高くなるからだそうです。これは霊の方としても思考を操りやすい方に憑いている方が扱いやすいので、扱いにくい方からは自然と離れていくのだそうです。

 

 

ですがこの方法について最初は私も、自分の感情や行動の原因を視えない存在のせいにするのは如何なものか?自分自身の認めたくない部分を視えない存在のせいにして自分の責任になることから逃げているだけではないのか?と思っていたのですが(未だに思うときもありますが)、事実自分では普段考えないような思考や感情が出てきていたり、守護霊さんに確認すると自分の思考ではないとハッキリ言ってくれるので、自分を疑わずに自分と向き合えることが出来るようになりました。(たまに自分の思考だと言われて自分が恥ずかしくなる時もあるのですが…(苦笑))

 

 

ですのでみなさんももし自分がおかしいと思ったら、自分の中に自分以外の存在がいるのかもしれないという前提の元に、一度自分の頭の中を整理してみてください。自分が原因なのか霊が原因なのか特定することは難しいかもしれませんが、行うことで自分の思考と感情を整理する良いきっかけにはなりますし、もしかしたら霊の存在に気付けるかもしれません。

 

 

それでは続いてについて、と思ったのですが自分で思っていた以上に話が長くなってしまいましたので、続きは次回にしようと思います。上記の内容についてもこれでも話を選別しながら書いているのですが、書きたいことがいっぱいありすぎて書ききれないので、別の機会に振り返るかもしれません。(もしかしたら次の記事に延長するかもしれません(笑))

 

 

次回は「X瓩い進に不運やトラブルをもたらすタイプ(事故、仕事のトラブル、自身の力が及ばない範囲での不運が続く等)」からの話を予定しております。

 

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

宜しければ応援クリックお願いします。


スピリチュアルランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

 

霊に憑かれた方が受ける影響

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

こんばんは。

本日はこれまで書いてきた「成仏出来ない方(悪霊や地縛霊と呼ばれてしまっている存在)が、この世に生きている人間や動物に憑りついた場合、その方たちがどのような影響を受け、どのような変化が起こるのか」について書いていこうと思います。

 

 

 

一般的に成仏出来ない霊に取りつかれた人間は病気になったり、不運に見舞われたりという事が起こるイメージだと思います。実際も憑りつかれてしまうとそのような影響を受けたりするのですが、

そもそも何故生きている人間や動物が成仏出来ない方々に憑かれると悪い影響を受けてしまうのでしょうか?

 

 

本題に入る前にまずはそこから書いていこうと思います。この主な理由としては3つあるそうです。

 

 

一つ目の理由は「成仏出来ない霊に生命エネルギーを奪われてしまう為」だそうです。以前の記事で成仏出来ない方達は生命エネルギーが無くなってしまいとても苦しい状態になってしまうというお話をしました。彼らのように生命エネルギーが無くなってしまった方達というのは苦しさから少しでも逃れる為に生命エネルギーを求めて生きている者に憑りつこうとするそうです。

※「生命エネルギー」とは以前の記事で紹介した「この世に生きている生物だけが生成できるエネルギー」の事です。今後はこのエネルギーを「生命エネルギー」と呼びます。)

 

 

何故かと言うとそうすることで憑りついた人間からエネルギーを少しずつでも得る事が出来るからだそうです。彼らは生きている人間からエネルギーを得ることで多少苦しさから解放されるのだそうです。ですがこれは苦しさを紛らわせる程度のエネルギーしか得られないらしく、そこから成仏に至るということはあまりないようです。

 

 

このように成仏出来ない霊に憑りつかれた人間は生命エネルギーを常に奪われるようになってしまいます。生命エネルギーを奪われ続けた人間は魂の本来の力を発揮できなくなってしまい、様々な面において調子を崩すようになってしまうそうです。これが一つ目の理由です。

 

 

 

二つ目の理由は「憎しみや恨みを持った魂が悪意を持って攻撃する為」というものです。

これは文章の意味通り、成仏出来ない霊が憎しみや恨みを持って生きている人間に攻撃をするという理由です。

 

 

憎しみや恨み等の感情を持って亡くなった方々というのは、亡くなった時にはまだ残っている生命エネルギーを自分の復讐の為に使う方が多いそうです。生命エネルギーは自身が成仏する為だったり、大切な人を助けたり自分の行きたいところに行けたり等様々な用途に使う事が出来るそうですが、そのような万能なエネルギーであるがために生きている人間を攻撃する事にも使えるのだそうです。

 

 

またこのような憎しみや恨みを持った魂というのは生命エネルギーを使い切った後も、攻撃していた方に憑りつきます。そうすることで一つ目の理由で説明した生命エネルギーを奪い、その方の人生を以降ずっと悪い方向に導こうとするようです。さらにこの場合は一つ目の苦しみから解放したいが為にエネルギーを奪うのではなく、悪意を持ってその方を悪い方向に導く為にエネルギーを奪う為にその影響は一つ目の比ではないようです。

 

 

このように攻撃を受けた人間は身体の不調が出たり、事故に見舞われたりと、とにかく日常が悪い方向に進んでしまうようです。また悪い方向に進むだけならまだしも、その影響で亡くなってしまう方も少なからずいるようです。これが二つ目の理由です。

 

 

最後に三つ目の理由は「生きている人間に憑依して思考や身体を操られる為」というものです。

 

 

これは成仏出来ない霊がある強い後悔を抱えて亡くなっていた場合に多くあるようです。例えば、お酒を飲み過ぎて亡くなった方が死んでも尚お酒を飲みたいが為に生きている人間に憑依して思考を操り、憑依した方の身体でお酒を浴びるように飲むという場合もあれば、ギャンブルが好きで亡くなった方が、上記同様に生きている人間の思考を操り、ギャンブルにのめり込ませるというような場合もあります。

 

 

これは憑依されている事によってエネルギーを奪われるというのもありますが、どちらかと言えば現実的な面で実害を受けるという方が大きいです。何故なら上記二つの場合では自分の意思や意識は乗っ取られずに不運な事が起こりますが、これはあたかも自分の意思として行動させられてしまうので「憑りつかれているのではないか?」という発想に至ることが難しいそうです。

 

 

憑依している人間も悪い事をしているというよりは、自分の楽しかったことややりたかった事を憑いている人間にさせてあげてるという気持ちがある為、憑りつかれている方もそこまで悪い感じを受けないというのも気付きにくい原因の一つのようです。

 

 

以上、3つの理由が悪い影響を受けてしまう主な理由だそうです。もちろんこの他にも様々な例があるようなのでこれが全てではありませんが、このような理由である場合というのはとても多いそうです。

 

 

それでは区切りが良いので本日はここまでとさせて頂きます。

次回は「憑かれた人間が実際にどのような影響を受けるのか?」について書いていこうと思います。

 

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

宜しければ応援クリックお願いします。


スピリチュアルランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

 

浄霊と除霊の違い

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

こんにちは。

本日は「浄霊と除霊の違い」について書いていこうと思います。

前回の最後では、別の話にすると書いていましたが、結局同じような話になってしまい申し訳ありません。

それでは早速本題に入ろうと思います。

 

 

みなさんは浄霊または除霊と言う言葉は聞いたことはありますか?どちらも聞いたことがあると言う人もいれば、除霊は知ってるけど浄霊って?という方等様々いらっしゃると思います。

 

 

今回はその二つの方法の違いについて書いていこうと思います。

 

 

まず先に「除霊」についてですが、みなさんは除霊というとどのようなイメージを持っていますか?

霊的な事やスピリチュアルな事にあまり詳しくない方でも「人や場所に憑りついている悪いものを取り除く」という程度のイメージはあるかと思います。

 

 

では実際にどうなのかと言えば、実際もそのイメージの通りです。

 

 

除霊と呼ばれる方法は、「悪霊や地縛霊等と呼ばれる存在を霊的な力を使ってその人あるいはその場所から取り除く」という方法になります。ここでポイントなのが「取り除く」という点です。

 

 

前回の記事の中の成仏させる方法の一つとして、霊的な力を持った方が成仏していない方を成仏させるのにはエネルギーを送って光に導くという事を行う、とお伝えしました。

ですが先ほどご説明した「除霊」の過程には光へ導くというものはなく、ただ「取り除く」というものです。

 

 

では除霊されてしまった霊たちはその後どうなるのでしょうか?

当然取り除かれただけですので基本的には成仏しません。何かしらの理由があってその人またはその場所に居たにも関わらず、突然良く分からない人間に「お前は悪い存在だから取り除く」と言われ無理やりそこから引き離されてしまっているのですから、当然誰かしらをさらに憎んだり恨むようになります。

 

 

みなさんも全く知らない謎の人物に突然、「お前はその家やパートナーに悪い影響を与えている。だからここから出ていけ。」と言われて無理やり家から追い出され、パートナーから別れさせられたら怒りますよね。怒るどころか憎しみという感情が湧くと思います。成仏出来ていない魂も元は私たち人間や普通の動物だったのですから、そのような事をされれば誰かを憎むのは当然です。

 

 

また憎む対象というのは、その霊能力者に向けられることもあれば、憑かれていた本人やその家族等に向けられる場合もあるようです。除霊においては取り除くという一時的な対処しか行っていないので、二度と戻ってこない場合もあるようですが、今まで以上の恨みや憎しみを持って何度も戻ってきてしまう場合も少なくはないようです。ただ中には除霊されたことがきっかけで成仏する方も存在するようです。

 

 

 

次に「浄霊」についてです。

とても簡単で申し訳ないのですが、こちらについては前回の記事でご説明したとおりで「エネルギーを送って光へ導く」という方法です。

 

 

浄霊の場合、取り除くのではなく成仏していない霊を成仏させるという方法なので、彼らが再び戻ってきてしまうというような事はありません。もし戻ってきてしまうことがあったとしたらそれは守護霊としてだったり、成仏させてもらった感謝を伝えに来る時などのみだそうです。

 

 

以上が「除霊」と「浄霊」の違いになります。二つの方法の違いについてお分かり頂けたでしょうか?

 

 

じゃあ実際どっちがお勧めなの?という事ですが、これはご説明しなくても分かる通り、当然浄霊」の方が良いそうです。ただ「除霊」と「浄霊」というのはあくまで言葉の違いでしかなく、「除霊」と言いながら「浄霊」を行う方もいれば、「浄霊」と言いながら「除霊」しか行えていない方もいるようです。

 

 

それらを明確に見分けられる基準はやはりないようですが、一つ簡単な基準として「憑いていた霊を救う気持ちや考えがあるか」というものがあるそうです。もちろんその気持ちがないから浄霊出来ないという訳ではないようですが、悪さをしてしまっている霊を全て悪として扱ってしまっている方というのは「除霊」をしている傾向にあるそうです。

 

 

ただ最後に一つ誤解しないで頂きたいのが、「除霊」が全て良くない、悪いという訳ではないということです。除霊をすることで良くなる方がいるのも事実ですし、上記にも書いた通り除霊されたことがきっかけで成仏する方も中にはいるようです。もちろん浄霊を出来た方が良いのですが、除霊も状況を良くするための一つの立派な手段なのだそうです。

 

 

今回の内容ではそれらを少し誤解させてしますような書き方になってしまいましたが、これだけは誤解のないようにお願いします。

 

 

それでは本日はここまでとさせて頂きます。

次回のテーマは今の所未定ですが、なるべく早めに上げたいと思います。

 

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

宜しければ応援クリックお願いします。


スピリチュアルランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

成仏出来ない魂が成仏するには

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

こんばんは。

今回は前回予告した「成仏出来ない魂を成仏させる3つの方法」について詳しく書いていこうと思います。

 

 

 

まず最初は「霊的な力を持った人間に成仏させてもらうという方法」についてです。

 

 

この方法は世間の認知度が最も高い方法だと思います。この方法は一般的には浄霊や除霊と呼ばれていますね。

私の守護霊さんにこの方法というのは具体的にどういう原理なのかを聞いてみた所、このような説明が返ってきました。

 

 

一般的に霊的な力を持っていると言われるような方というのは、前回お話しした「生きている生物にしか生成できないエネルギー」が大きい方なのだそうです。成仏出来ない魂を成仏させる事ができる人間は、自分のこのエネルギーを成仏出来ない魂に送り、彼らを光の方向まで導くことで成仏させることが出来るのだそうです。

 

 

このエネルギーの送り方、光までの導き方というのは時代や文化、宗教、知識や体質等、様々な要因によって変わるらしいので、人によってやり方は違っているようですが、やり方や形式は違っていても本質的な所というのは基本的に全て一緒なのだそうです。

 

 

 

次に「神様や仏様、または同様の存在のものに気付いてもらい、救ってもらうという方法」についてです。

この方法は文章の意味通り、目に見えない存在に救ってもらうという方法です。

 

 

今まで診断してきた方に憑いていた守護霊の方に、なぜ成仏出来たのか聞いた時、「神社の神様に成仏させてもらった」、「仏様に救ってもらった」、または「神様的な存在に助けてもらった」という声を聞くときがありました。彼らは成仏させてもらう前は自力で成仏する力を失っていたようですが、そのような存在と偶然、あるいは意図的に出会う事で成仏出来たようです。

 

 

そもそも神様なんだから成仏出来ない魂を全部救ってあげたらいいんじゃない?神様だから出来るんじゃないの?というように思う方もいらっしゃるかもしれませんが、やはり神様と言えど、成仏していない魂全てに気付き救うことは難しいそうです。ですが神様はその中でも救える魂は救おうという姿勢を持っており、偶然出会い救われた魂というのはその姿勢の元に助けられる魂で、そういった方々も多く存在するようです。

 

 

また意図的に出会う事で成仏させてもらった魂というのは、成仏する方法が分からなかったり、成仏することが出来なくなってしまった魂が救いを求めて神社やお寺に行ったというような場合です。このような方はまだ行動出来るだけのエネルギーは持っていた場合ですが、神様は救いを求めてきた魂を見逃すことはないそうなので、そのような方も成仏させてくれるそうです。

 

 

ですがやはり数が多かったり、あまりに成仏出来ない期間が長かったり、あるいは成仏出来ない理由に本人がこの世に強く執着している場合やその他成仏したくない理由や成仏出来ない理由がある場合等においては神様も救う事が出来ない場合もあるようです。

 

 

ちなみにこの方法については、霊的な力を持っていない方でも活用することが出来ます。

 

 

やり方は簡単です。もし自分に何かが憑いているんじゃないか、あるいは亡くなった誰かが成仏出来ていないんじゃないかと思ったときには、まず神社やお寺に行ってください。どのような神社やお寺でも構いませんが、感覚的に自分が好きな場所に行ってください。そのような場所はやはりそのように思う理由があり、その神社やお寺との魂の相性が良かったり、神様や仏様がが守護霊に憑いていたりするものなのだそうです。

 

 

神社やお寺に着いたら、いつも通りに参拝をして下さい。ここで色々と何かをしなければいけないという決まりはありませんが、最低限行って欲しいことは、いつも拝むところで手を合わせ、頭の中で「私に成仏出来ていない魂が憑いていれば、彼らを成仏させてあげてください。」と神様や仏様を意識しながらお願いをして下さい。

 

 

やり方は以上で終わりです。

 

 

これを行うことで、そこまで症状が重くなっていない魂は成仏させてもらう事ができるそうです。ですが先ほども書いた通り、中には神様でも成仏させる事が出来ない魂というのは存在するようなので、その場合においては他の方法を試してみてください。

 

 

 

最後に「成仏する為のエネルギーを供給してくれる存在と出会う」という方法についてです。

 

 

この方法は一つ目の方法と本質的な所は同じですが過程が違います。一つ目の方法は霊的な力を持った人間からエネルギーを送ってもらうという方法でした。

 

 

この方法ではそのような人間から力を送ってもらわずに成仏する、あるいはさせる方法になります。

 

 

この世にエネルギーを供給してくれる存在というのは様々なものがあるそうです。いくつか例を挙げると、霊的な力を持った人間、霊的な力を持った動物、魂を癒やす力を持つ植物、大きなエネルギーを込められた物等のようなものが挙げられます。

 

 

ここでいう霊的な力を持った人間というのは、一般に霊能力者として活動している人ではなく、霊感があるというような方の事を指しています。霊感があるという方は少なからず他の普通の方よりエネルギー量が多いそうです。成仏出来ない魂から見るとそのような人間は明らかに他の人間とは違った存在に見えるそうです。

 

 

その為彼らは「もしかしたらこの人なら自分を成仏させてもらえるかもしれない」と思って近くに行ったり、あるいは憑依することでエネルギーを得ようとするそうです。実際そのようにして成仏出来るというのはあるようです。ただこの場合、エネルギーを奪われた方は原因不明の疲労や体調不良、気分の落ち込みなどが起こるそうです。しかし全ての方に起こる訳ではなく、エネルギーを奪われても大きな影響を受けない方もいるようです。

 

 

ちなみに霊感がある方が幽霊等を見たり感じやすいのはもちろん霊感があるからというのも一つの理由ですが、成仏出来ない魂が霊感のある方を見つけてそのエネルギーを貰おうとするからそのような存在を見たり感じやすいというのもあるそうです。

 

 

人間の他に動物や植物、物を例に挙げましたが、これも理屈で言えば一緒でエネルギー量が多い存在から成仏する為のエネルギーを供給してもらい(あるいは一方的に貰い)成仏するということだそうです。

 

 

動物や植物にそんな力があるの?と思う方もいるかもしれませんが、守護霊さん曰くそういった力を持った動物や植物も存在するようです。身近な動物で言えば鷹や蛇、クジラ等で、植物で様々な花やご神木と呼ばれるような木、屋久杉のような明らかに他とは違う雰囲気を持つような植物だそうです。

 

 

またこの方法においても霊的な力のない方も活用できるやり方があります。これは皆さんも普段やられているかもしれませんね。

 

 

それはお墓参りや仏壇を拝むことです。お墓参りを毎日行っている方は少ないかもしれませんが、仏壇を拝むことを毎日欠かさずに行っている方のご先祖様というのは成仏されている方が多い傾向にあります。これは拝むことで、毎日少しずつ拝んでいる方のエネルギーを亡くなった方に送ることに繋がっているからだそうです。元々霊的な力があまりない方もこうして地道にエネルギーを送ることでエネルギーの供給が出来、成仏させる事に繋がるそうです。

 

 

ただ一つ気を付けてほしい点があります。お墓参りや仏壇での拝み方によってはご先祖様がこの世に執着してしまい、逆に成仏出来ないと言う場合もあることです。

 

 

これはまた別の機会に詳しく書こうと思いますが、簡単に説明すると「助けてください」というような、亡くなった方が死後も安心出来ない拝み方をしているとその方たちは成仏出来ず、「私は大丈夫だから安心して成仏してください」「安心して見守っていてください」というような拝み方だと安心して成仏出来るというものです。もし今このような拝み方をされている方がいらっしゃったら、今すぐ後者の拝み方に変更した方が良いそうです。

 

 

以上、成仏する為の3つの方法について詳しく書いていきましたがご理解頂けたでしょうか?

なるべくわかりやすく伝わるように書いているつもりですが、もし分かりづらい文章や説明などがあれば遠慮なくご指摘下さい。

今後のブログ記事のご参考にさせて頂きます。

 

それでは今回はこれで終わりとさせて頂きます。

次回のテーマは今回の話とは違う話をテーマに書こうと思います。

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

宜しければ応援クリックお願いします。


スピリチュアルランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

成仏出来ない魂が成仏するには

こんにちは。

今回は「成仏出来ない魂が成仏するには」というテーマで書いていこうと思います。

 

 

前回の内容で成仏出来ない方々は様々な理由で成仏出来ないという事をお伝えしました。では成仏出来なかった方々というのはその後においてもずっと成仏出来ないままなのでしょうか?

 

 

結論から申し上げると、亡くなった後すぐに成仏出来なかった方のほとんどは、その後においても成仏しないままであるようです。

 

 

これについては前々回でも少し触れましたが、「生きていた時に持っていたエネルギー」が関係しているそうです。亡くなった後の魂が、成仏していない状態であるにも関わらず自由に行動出来たり、大切な方を守ったり、憎んでいた人を攻撃できるのは死後もこのエネルギーがまだ残っているからなのだそうです。彼らはこのエネルギーを消費して活動しているそうです。

 

 

しかしこの「生きていた時に持っていたエネルギー」というのは文字通りこの世に肉体を持って生きている生物にしか生成できないエネルギーらしく、死後の魂には生成できないのだそうです。その為、死後成仏しないままに活発に行動することはこのエネルギーを消費し続けることになります。消費するということはいずれ無くなってしまうということです。

 

 

無くなってしまうとどうなってしまうのでしょうか?話の流れで既にお分かりの方のいらっしゃると思いますが、エネルギーが無くなってしまうと成仏できなくなります。なぜなら成仏する為に光の方向に向かうのも、このエネルギーを使うからです。

 

 

また、成仏する為のエネルギーが無くなってしまうことも成仏出来ない一つの大きな要因ですが、エネルギーが無くなることで別の弊害も出てきます。これも前々回に少し触れましたが、エネルギーが無くなってくると段々と苦しくなってくるのだそうです。その苦しみが私たちが肉体的に感じる苦しみなのか、それとも全く違う苦しみなのかはわかりませんが、その苦しみはとても強い苦しみなのだそうです。

 

 

更に苦しみを感じるのと同時に、視界がぼやけはじめ、エネルギーがゼロになったときには全く目が視えなくなってしまうそうです。更には正常な判断が出来なくなり記憶も曖昧になってきてしまうようです。

 

 

長く成仏出来ない方というのは決して少なくない為、浄霊を行っているとそういった状況にある魂と話す機会が多々あるのですが、彼らの多くが自分が誰だったか、男性だったのか女性だったのか、もっとひどい人だと自分が人間だったのかさえ覚えていない方もいます。話す事すらままならない方もいます。

 

 

当然ですが、このような方がそもそも成仏しようという発想に至ることはありません。これが成仏出来なかった方がその後も成仏できない理由だそうです。(もちろん例外は多くあるようですが)

 

 

では本題の「成仏出来なかった人が成仏するには」という内容に入っていこうと思います。

 

 

長年、もしくはなんらかの理由で成仏出来なかった人が成仏するには、先ほどもお伝えしたとおり自力では難しい為、自分以外の誰かに助けを求めるしかありません。また助けを求めると言っても、彼らは助けを求めようとも思う事すら出来ない方もいます。

 

 

では彼らはどうしたら成仏できるのでしょうか?

彼らを成仏させる方法は様々あるようですが、今の所私が把握している方法としては3つです。

 

 

一つ目は最も一般的な方法で、霊的な力を持った人間に成仏させてもらうという方法。

 

二つ目は神様や仏様、または同様の存在のものに気付いてもらい、救ってもらうという方法。

 

三つ目は成仏する為のエネルギーを供給してくれる存在と出会うという方法です。

 

 

以上の3つが現在私が知っている方法です。一つ目と二つ目の方法は力を持っている方や神様に頼る方法ですが、3つ目の方法はみなさんが普段やっていることだったりします。これらの方法というのはみなさんが成仏していない存在に憑かれた時にも繋がる話になります。

 

この3つの方法についてはもう少し詳しく書いていこうと思いますが、長くなってしまいそうなので今回はここまでとさせて頂きます。詳細については次回の内容とさせて頂きますね。

 

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

宜しければ応援クリックお願い致します。


スピリチュアルランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

成仏するということについて

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

こんにちは。

今回は前回お伝えしたとおり、 成仏するグループとそうでないグループに分かれてしまう理由を書いていこうと思いますが、それにはまず成仏する方法からお伝えする必要があるので、まずはそちらから書いていこうと思います。

 

なぜなら成仏できないグループになってしまう方々の多くの理由に、「成仏する方法を知らなかった」というのがあるからです。

 

この成仏する方法はみなさんが亡くなってしまった後においてとても重要で役立つ情報だそうなので、みなさん是非覚えていってください。やり方はとても簡単です。

 

前々回のブログでもお伝えしたとおり、みなさんが亡くなった場合、多くの方は今持っている、感じている意識のままの状態です。

ですので最初は自分が死んだ事に気付けないかもしれません。

 

ですが、そのままの状態で普段通りの生活をしようとすると色々とおかしいことに気付きます。まず自分が知っている人に話しかけても返答が返ってきません。次にお腹が空かない事に気付きます。眠くもならないようですし、寝ようとしてもいつものような睡眠には入れないそうです。

 

最初は気付かなかった方もこのあたりでさすがに気付くようです。中には自分のお葬式をやっているところを見て自分が死んだ事に気付く方もいるそうです。

 

まずはこの「気付く」ということが大切だそうです。自分が亡くなった事に気付けなければ成仏しなければとも思わないからです。

 

自分が亡くなった事に気付けたら、次にやることは空を見上げることです。

これは守護霊さんや既に成仏した方、成仏していない方等、様々な状況の方に聞いたのですが、自分が亡くなってしまった後に空を見上げると、空のはるか上の方に太陽とはまた違った神々しい光が降りてきているのが見えるそうです。

 

これが成仏する為の入り口であり、成仏する為の導きなのだそうです。(守護霊さん曰く、これを導きの光として「光導」と呼ぶそうです。)

 

それさえ分かりさえすれば、後はその入り口に向かって行けば無事成仏できるそうです。

空のはるか上にどうやって行けば・・・。と思うかもしれませんが、亡くなった後は行こうと思った場所に自由に行けるそうなので心配は不要です。その時にはどこにでも自由に行けるという感覚がちゃんとわかるそうです。

 

以上が成仏する為の方法になります。

 

それでは以上を踏まえ、ここから本題に入ります。

まず成仏するグループの方々についてです。


成仏するグループの方々の話でよく聞くのが、自分が死んだ事がわかったのでなんとなく光の方に行ってみたら成仏出来た、というような方です。こういった方々はあまり苦しまずに亡くなり、自分が死んでしまった事に納得している方に多くみられるようです。

 

その他には、多少スピリチュアルな話を信じている方で、光の方に行けば成仏出来るんだろうなと思って行った、光の方に行かなければいけないと感覚的に思ったから行った、というような方等が多くみられます。

 

その他様々な理由で成仏する方々がいるようですが、成仏する方の2〜3割程度は上記のような理由で成仏出来るそうです。

 

次に成仏出来ない、出来なかったグループの方々についてです。

 

このグループの方々というのは細かく言えば本当に様々な理由があるのですが、それらの理由に共通する事は大きく3つです。

 

一つ目「成仏の仕方がわからない」という理由です。これはそのままの意味です。現代の人というのは人間は亡くなった後、無になると思っている方がほとんどだと思います。その為そういった方々は、実際に自分が亡くなった後に置かれる自分の状況を理解できません。

 

自分は死んだはずなのになぜまだ意識があるの?死んだら何も無くなるんじゃないの?でも意識があるってことは自分は死んでないってことだよね?でもなんでみんあ自分を無視するの?というようにです。

 

彼らは自分の状況を今まで生きてきたこの世の常識だけで全てを理解しようとしてしまう為、その状況を受け入れられませんし受け入れようとしません。そうしているうちに自分で成仏出来るタイミングを逃してしまい、この世に留まってしまうのだそうです。

 

二つ目は、自分が亡くなった時の感情が強すぎて、死後もその感情に囚われてしまい、成仏するしないの状況にもならないという理由です。これはその方が亡くなる時、とても苦しんで亡くなった、恐怖を感じて亡くなった、強い後悔を抱きながら亡くなったというような状況にあった方にみられます。

 

亡くなる前の感情というのは死後にも引きずってしまうらしく、その為に死後も自分がその状態にあり続けてしまうそうです。その状態にあり続けるというのは、事実として痛みや苦しみを感じ続けてしまう方もいれば、苦しみが続いていると錯覚してしまう方もいれば様々だそうです。ですが、いずれにせよ彼らは死ぬ前の負の感情に大きな影響を受けているようです。

 

最初にも書いた通り、彼らは自分の感情や痛みによる苦しみによって思考を妨げられ、成仏するしないという所まで考えられないようです。その為、成仏するタイミングを無くしてしまい、この世に留まってしまうようです。またこのパターンでこの世に留まってしまった方々というのは、その多くが誰かに助けを求めたり、恨みや憎しみをぶつけて自分の感情を発散する為に悪い影響を与える存在になってしまうようです。一般的に言われる悪霊や地縛霊のような存在です。

 

三つ目はこの世に未練があったりすることで、この世に強い執着を持っているということです。強い執着を持つ対象というのは様々なものがあります。例えば家族、友人、仕事、趣味、自分のやりたかった事、ある人への憎しみ、嫉妬、自分の土地や資産への執着、などが挙げられます。

 

家族や友人に対しての執着というのは、その方々を愛しているからこそ成仏せずこの世に残ってしまうというようなものです。このような方というのは死んでしまっても彼ら、彼女らの近くに居れるならずっと一緒に居たい、守りたいと思って成仏をしないようです。

 

仕事や趣味、自分のやりたかった事への執着というのは、自分のやり残したことにまだ携わっていたいという感情からくる執着です。もちろん実務的なことに携わることは出来ませんが、亡くなった当初というのはまだ生きているときのエネルギーが残っている為、様々な事に干渉できるそうです。

 

憎しみや嫉妬については言葉の意味通り、誰かに復讐するまで成仏出来ないというような執着です。土地や資産への執着というのは、死後の自分の財産が人に渡ることが許せず、その土地や財産を守る為に成仏しないというようなものです。

 

以上、大きく3つの理由をお伝えしましたが、いずれにせよ成仏していない方と言うのはこの世を生きる人間(その他の動物も)に良くない影響を与える存在になってしまうので、例外なく全ての魂は成仏した方が良いそうです。

 

ここで「病気になったり苦しんで死んだり、何かに執着している人は自分ではどうしようもないの?」という疑問が湧いてくると思いますが、それは最初にお伝えした「成仏する方法」をきちんと知っているという事が大事なのだそうです。それを知っていれば全ての人が成仏出来るというわけではないようですが、知っているだけで多くの方は成仏出来るようになるそうです。

 

少し話が長くなってしまいましたが、成仏できるグループとそうでないグループの違いについてお分かり頂けたでしょうか?

私自身全てを理解している訳ではなく、まだまだ守護霊さんから聞かなければわからない事ばかりの為、少し曖昧になってしまった部分もあるかもしれませんが、大筋のことはお伝え出来たと思います。

 

しかし今回の内容に関わらず、私が守護霊さんから聞いている話はあくまで基本的な内容で、やはりなかには例外や私たち人間には到底理解出来ないようなこともあるようです。

 

今回の成仏していない人の例で言えば、長年成仏していなかった方がなぜか全然苦しさ等がなく、なおかつ誰かを守り続けられていたというような事だったり、どれだけ苦しんで亡くなってもすぐに成仏出来ている人もいる等もいたりと、診断していると本当に様々な事があります。それらについては新たに気付いたときや、間違いに気付いた時に都度お伝えしていきますね。

 

それでは今回はここまでとさせて頂きます。

次回のテーマはまだ決めていないので、テーマは次回更新まで期待してお待ちください。

 

宜しければ応援クリックお願い致します。


スピリチュアルランキング

成仏するということについて

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

こんにちは。

前回から大分時間が空いてしまいましたが、今回は前回予告していた通り「成仏する」とはどういうことなのかお伝えしていきます。

 

 

今回はわかりやすくお伝えする為に人間を例に挙げてお伝えしてます。ですが成仏すると言う点において、人間だから、という訳ではなく動物等も同様の事が起こるようですので誤解のないようお願いします。

 

 

 

まず「成仏する」というのはどういうことか結論からお話しますと、亡くなった方というのは成仏することで神様のような存在になるそうです。

成仏という言葉は「仏に成る」と書くのでそのまま文字通りの意味ですね。仏教では先ほど申し上げた「神様のような存在」を「仏」と名付けたのでしょう。

 

 

では「神様のような存在」になるとどうなるのでしょうか?これは前回のブログで少し触れましたね。

神様のような存在になったことで、この世の人間にはない様々な力が得られるそうです。

それは、この世のどこにでも行ける力、この世ではないとても自由で幸せな世界に行ける力、この世に生きている生物をサポートする力、この世に様々な影響を与える力、この世の全てを理解できる力、再びこの世に転生する力等、本当に神様のような力が得られるそうです。

 

 

それと同時に、成仏した人というのは憎しみや恨み、嫉妬や後悔等、後ろ向きな感情は全て解消されるそうです。調べた所、成仏と言う言葉の意味には「悟りを開く」という意味もあるそうですが、まさに悟りを開いた仏様のような存在になるのだそうです。(仏教に詳しい訳ではないので、もし間違いがありましたら申し訳ありません…)

 

 

じゃあ成仏してしまった人は全く違う存在になってしまうの?という疑問があると思いますが、成仏して仏様のような存在になったとしてもその方の魂はあくまでその方であるという事に変わりはなく、この世を生きていた記憶や感情を忘れてしまうことはないようです。

 

 

ですので実際に既に成仏された方と話してみると、みんながみんな違う性格や表情をしますし時には冗談だって言います。あくまで魂や性格、生きていた時の記憶はその方のままで「神様のような存在」になるのだそうです。

 

 

 

それでは今回はここまでとさせて頂きます。

次回も引き続き「成仏する」ことをテーマに、前回予告した成仏するグループとそうでないグループに分かれてしまう理由を書いていこうと思います。

 

 

宜しければ応援をお願い致します。(クリックお願いします)


スピリチュアルランキング

再引っ越し

こんばんは。

 

つい最近ブログの引っ越しを行ったばかりだったのですが、事情がありこちらに再度引っ越すことになりました。

 

前回のブログをブックマークされていた方はこちらのブログをブックマークし直して頂ければ幸いです。

 

最近は全くブログを更新できず申し訳ありませんでした。

またブログを更新し始めようと思いますので、改めて宜しくお願い致します。