霊に憑かれた方が受ける影響

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

この記事は下記の記事の続きです。

 

霊に憑かれた方が受ける影響

霊に憑かれた方が受ける影響

霊に憑かれた方が受ける影響

 

 

 

こんにちは。

今回のテーマもいよいよ最後となりました。何度も言うようにこんなに長くなるつもりで始めた訳ではなかったのですが…。

 

 

それでは本題に入りたいと思います。

今回はい離織ぅ廚砲弔い討らです。

 

 

「へ瓩い進の周囲の人間に悪い影響を与えるタイプ(家族が病気になる、パートナーがトラブルに巻き込まれる等)」

 

 

こちらのタイプは,離織ぅ廚留洞舛髻憑いている方の周囲の人間に与えるタイプです。このタイプの場合、憑かれている本人の身体や状況に問題はなくとも家族や職場等で問題が起こる為に、結果的に憑かれている方の状況も悪くなっていくという影響を受ける傾向にあります。

 

 

これについてもいくつか例を挙げると、子どもが病弱の為思うような仕事につけない、まだ若い母を急遽介護しなければなくなった、転勤するのは同僚だったのに同僚が事故に遭ってしまい自分が転勤することになってしまった、パートナーが突然失業し急遽働かざるを得ない状況になった、というもの等があります。

 

 

これらについて共通しているのは、「自分の身近な人間にトラブルが起こることで、結果的に自分の状況も悪くなっている」という事です。このタイプの影響を与える霊が何故このような回りくどい事をするのかというと、単純に本人を苦しめるよりもその家族や周囲の人間を苦しめる事で本人の苦しみ等が倍増するからです。

 

 

人は自分の苦しみより家族や大切な人が苦しむことの方が辛く感じるものです。またその大切な人の苦しみの為に自分が苦しい状況になる為、大切な人の事を大切に思えなくなってきてしまうのもとても辛く感じます。

 

 

このような影響を与える霊はそういった苦しみを意図して与えていることが多いようです。なぜそんな苦しみを与えようとするのかというと、このタイプの霊はとても強い憎しみや苦しみを持って亡くなった魂であることが多く、その憎しみや苦しみを晴らしたい、自分よりもっと苦しい目に合わせたいという想いからそのような事をするようです。

 

 

ちなみに私を含め私の家族は今の力を得る前はこのタイプの霊たちにとても長い間苦しめられていました。その影響からか昔の私はとても病弱でしたし、なおかつ家族や近い親族みんなが様々なトラブルに巻き込まれているという状況でした。今はもうその霊たちも成仏したので状況は徐々に改善され確実に良い方向に向かっていますが、この霊たちには本当に苦しめられました。

また話は違いますが、この事は私が今のような力を得るきっかけになった出来事でもあるので、そのうち別の記事で触れようと思います。

 

 

それでは次で最後になります。

 

 

ヘ瓩い進の周囲の人間の「心」に悪い影響を与えるタイプ(親しかった家族や友人との不仲、職場での人間関係の悪化等)

 

 

こちらのタイプは△離織ぅ廚留洞舛鮗囲の人間に与えるタイプです。このタイプもまた周囲の人間に影響を与えることで、結果的に憑いている方に悪い影響をもたらすというタイプのものです。

 

 

こちらもいくつか例を挙げますと、優しかった子供が急に人を傷つけるようになった、仕事も家庭も順調だったのにパートナーの浮気が発覚した、職場の人間関係が悪くなり始めたことがきっかけで売上が落ち職場が無くなってしまった、親友とのちょっとした行き違いで親交がなくなった、等のようなものがあります。

 

 

これらについて共通して言えることは「自分の身近な人間が悪い方向に変化したことで、結果的に自分の状況も悪くなっている」ということです。

 

 

ただこのタイプが△醗磴εは、自分には異常がなく正常である場合があるということです。その結果どうなるかというと、自分が正常なまま家族や身近な人が正常ではなくなってしまうので、逆に今まで大切だった方を自らの意思で切り捨ててしまう可能性があるということです。同様に正常でなくなった方も正常なその方を異常だと思ってしまう為、その方も自らの意思で相手を切り捨ててしまう可能性もあります。

 

 

これはとても悲しい事です。本当は何も変わっていないのに、本人たちに原因は全くないのにも関わらず、目に見えない存在によって変えられてしまい、自らの意思で大切な人を見放し、見放されてしまうのですから。

 

 

少し簡単な説明となってしまいましたがイ砲弔い討楼幣紊砲覆蠅泙后

 

 

以上、霊に憑かれた方が受ける影響という内容で4記事分書いてきましたが、少しだけでもお分かり頂けたでしょうか?

私自身話が脱線してしまったりしてしまっていたので、もし「あの部分がよくわからない」「この部分についてもう少し説明してほしい」というようなものがありましたら遠慮なくご連絡下さい。

 

 

すぐに記事に反映させられるかどうかはまた別の話ですが、記事にして回答させて頂こうと思っております。またそれはこちらの記事に限らずどの記事においてもお聞きしますので、宜しければご連絡下さい。

 

 

それでは最後になりますが、前回の記事内でも触れた通り今回ご紹介した事は目に見えない存在の影響がなくても日常的にあり得ることですし、むしろそのほとんどは彼らの影響は一つもありません。

ですがその中でもやはりおかしいな、変だなと思うように感じるときがあれば、それは目に見えない存在の影響かもしれませんので何かしらの対処を行う事をお勧めします。

 

 

これでこのシリーズの記事を終わりとさせて頂きます。

 

 

最近は少し読者の方を不安にさせるような記事が続いてしまったので、次回からは読者の方の気持ちが明るくなるような記事を書こうと思っています。(あくまで予定ですが…笑)

 

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

宜しければ応援クリックお願いします。


スピリチュアルランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村