与える人、交換する人、奪う人【現実編】

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

この世界の人間は大きく3つの種類に分けられるそうです。

 

 

それが「与える人」、「交換する人」、「奪う人」です。

 

 

これはアメリカのアダムグラントという心理学者の方が主張している説です。

 

 

この3つのタイプは言葉の意味通りであり、「与える人」は、他人に対して様々なものを与える人です。

 

 

愛や友情のような形のないものである場合もありますし、目に見える形のモノやお金、行動であったりもします。

このタイプの方は見返りを求めないのが特徴です。

 

 

「交換する人」は、等価交換する人です。

要するに、貰った分だけ与えるし、与えた分だけ見返りを求めるという方の事です。

 

 

最後に「奪う人」です。

このタイプの方は言葉の意味通り、自分の利益のためだけに他人から様々なものを奪おうとするタイプの方です。

 

 

奪うものはお金やモノである場合もありますし、時間や愛、労働力などである場合もあります。

 

 

このように3つのタイプに分けられるそうなのですが、ここで私が皆さんに最もお伝えしたいのは、

 

 

「与える人」は、「奪う人」に食い物にされてしまうということです。

 

 

与える人は良くも悪くも見返りを求めず、他人に与えてしまうである為、相手が「奪う人」であろうと与えてしまうのです。

 

 

反対に「奪う人」は自分の利益しか考えていない為、与える人がどんなに不幸になろうと、困ることになろうと関係ありません。

 

 

その結果、「奪う人」だけが得をし、「与える人」が損をするという状態が生まれてしまうのです。

 

 

みなさんはこれらの中のどのタイプに当てはまりますか?

 

 

私の感覚的には、スピリチュアルな感覚を持っていたり、スピリチュアルに興味を持っている方には、「与える人」が多いように思います。

 

 

ですのでもしこれを読んでるみなさんが「与える人」であったなら、あなたの周囲に「奪う人」が存在しないか考えてみて下さい。

 

 

みなさんが見返りを求めていないことは知っていますが、みなさんが「奪う人」に対していくら何かを与えたとしても、「奪う人」がみなさんに何かを返してくれることはありません。

 

 

このことを知っているか知っていないかだけでも、あなたの人間関係と今後の人生は大きく変わるはずです。

 

 

ちなみにこの話をもっと詳しく知りたいという方は、以下の本を読んでみて下さい。

心理学者の方の本なので少し読むのは大変かもしれませんが、必ず為になるはずです。