死後の世界

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

こんにちは。

今日はタイトルにも書いている「死後の世界」について書いていこうと思います。


みなさんは自分が死んでしまったら、その後はどうなると思いますか?

天国に行くのでしょうか?地獄に行くのでしょうか?それとも自分という存在自体が無くなり、意識を持つことも出来ない無の存在になってしまうのでしょうか?

私は今の力を得るきっかけとなった出来事の前は、死後の世界というのは存在するんだろうなぁと漠然とした考えを持っている程度で、その先の事について考えたこともありませんでした。

この事について考える、学ぶ機会になったのは、スピリチュアル体験をさせてもらったある方の話がきっかけです。

これからお話しするのはその方の話を元に、守護霊さんに確認して聞いた話になります。

まず死んだ後どうなるかということについてですが、人間や動物というのは亡くなってもこの世界に意識と身体(霊体的な)は残るそうです。

その為、仮にこの瞬間自分が死んでしまったとしても、生きているときと全く同じ感覚を持っているそうです。

その場に滞在し続けることもできるし、テレビを見ていることや出かける事も出来るそうです。仕事をしていた人はそのまま仕事をし続けようとすることもできるそうですし、どこかに向かって出かけていた人はそのまま目的地に向かう事が出来るそうです。

よく言われる「自分が死んでしまった事に気付いていない」という現象が起こるのはこれが原因だそうです。肉体的に死んでも、感覚的には肉体があった時とほとんど変わらない為に気付けない方が多くいるそうです。(薄々気付いているけど認めたくないという人も多くいるそうですが)

しかしその状態にはやはり出来ない事もあるそうで、食事をする事や、生きている人と会話をすること、物に触れること等、肉体がないと出来ない事は基本的に出来ないそうです。

では人は亡くなった後も今の意識が永遠に続くという事なのでしょうか?
詳しく聞いていくと、それもまた違うそうです。

亡くなった方は死後、大きく二つのグループに分かれるそうです。

一つは成仏するグループ。もう一つは成仏せずこの世に残るグループ。
(「そもそも成仏するとはどういうことなのか」、という疑問もありますが、長くなってしまうのでここでは割愛させて頂きます。今は天国に行く事、という程度の認識を持っていて下さい。)

一つ目の成仏するグループの方々というのは、天国的な場所でとても幸せに過ごすそうです。彼らはそこに居続ける事も出来るそうですし、転生してこの世に再び生まれてくることもできるそうです。神様と呼ばれる存在や守護霊というのは基本的にこの場所に存在しているそうです。

二つ目の成仏せずこの世に残るグループの方々というのは、一般的に幽霊やおばけ、地縛霊や悪霊と呼ばれるような存在になってしまう方々です。彼らは成仏できなかった為にこの世を彷徨う事になってしまい、この世の人間や土地に憑き、悪い影響を与える存在になってしまうそうです。

また成仏せずにこの世に残り続けると、時間が経つにつれて自分が誰だったかさえ思い出せなくなるほどの苦痛を感じることになるそうです。これは亡くなってから時間が経つことで、生きてきたときのエネルギー(生命力?)が無くなる為だそうです。
どのくらいの時間でそうなるかについては亡くなった状況や亡くなった後の行動などにより変わる為、一概にこのくらいでそうなる、というのは言えないそうです。

少しだけ例を挙げると、恐怖や苦しみを強く感じて亡くなった方というのは、亡くなった後すぐにそのような状況に陥る可能性があるそうです。反対に、亡くなる際に大きな苦しさもなく亡くなり、亡くなった後も特になにかアクションを起こす訳でもない方というのは、苦しさを感じるようになる期間は長い傾向にあるそうです。

ただやはりこれらは個人差があるらしく、上記の例の状況でもそのようにならない可能性も多くあるそうです。

ではなぜこのように二つのグループに分かれてしまうのでしょうか?
この違いは一体どこで生まれるのだと思いますか?

それについては次回に書いていこうと思いますので、本日はここまでとさせて頂きます。

次回は「成仏する」という事について少し詳しく書いていこうと思います。

前世について

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

こんにちは。
本日も前回に引き続き、前世について書いていこうと思います。

 

 

守護霊さんが私たちの前世を教えてくれるにあたって、一つだけルールがあります。

 


それは「直近の人間の前世については教えられない」というものです。

 


なぜこのルールが存在するのか、私たちが一番知りたいであろう直近の前世を教えてくれないのか聞いてみた所、やはり理由がありました。それはとてもありきたりな理由ですが、直近の前世を伝えることでその方が前世の記憶を思い出してしまう可能性があるということだそうです。

 


この事について掘り下げて聞いていったところ、これにはいくつか理由があるそうですが、今回は主な理由の二つを書きます。

 

 

一つは、「前世の感情や記憶が悪い影響を与えてしまう可能性がある」からだそうです。

 

 

私は前世の記憶があった方が、今世を生きていく中で色んな面で活用できるのでは?と思っていたのですが、そんなことはないそうです。確かに前世の記憶を思い出すことで得られる恩恵というのも多くあるそうですが、それ以上に悪い影響の方が多くあるそうです。

 


主な悪い影響として、記憶の混乱を起こす前世の出来事に執着するようになってしまう前世の性格が今世の性格に大きく影響してしまうというような事があるそうですが、中でも最も大きい影響というのが、死の瞬間、死の直前の記憶だと言います。

 


死の記憶がない、恐怖を感じずに亡くなった方ももちろんいるそうですが、多くはそうではないそうです。そのときの記憶を思い出してしまう事で、今世の精神状態にとても大きな影響を与えてしまい、死に対して以上な恐怖を感じるようになってしまい、この世を今までのように生きることが出来なくなってしまう可能性があるそうです。

 

 

二つ目の理由として、「前世の自分と、今世の自分が関わりを持ってしまうことがある」ということがあるそうです。

 


人によって多くの様々な前世がある為、当然自分の先祖が前世の自分ということはよくあることだそうですが、上記の事はそういった事を言っている訳ではなく、もっと近い関係になってしまう事を指しています。

 


例えば、早くして亡くなったお爺さんが自分の娘の子どもとして生まれる若く亡くなった彼女が親戚の子どもとして生まれる亡くなった親友の子どもが自分の子どもとして生まれるというようなパターンがあるそうです。

 


このパターンの方々がもし前世の記憶を思い出してしまった場合、前世での後悔から、今世で関わりを持った方達以上に関わりを持とうとしてしまう可能性が高くあるそうです。

そうなってしまった場合、その行動は本人の自己満足にしかならないことが多く(多くの人は信じられない為)、周囲の人間関係や今までの幸せを壊してしまう事があるそうです。

 

 

その他前世の記憶を持つことで良くない影響を受けてしまう事は多くあるそうですが、基本的には以上の2つが理由だそうです。

 

 

ちなみにこのルールについて、当初私は「一つ前の前世については教えられない」というルールだと勘違いしていました。

その為診断初期の方には単純に直近の前世は伝えられない、とお伝えしてしまっていたのですが、正しくは「直近の人間の前世は教えられない」ということだったので、この場を借りてお詫び申し上げます。

 


ですので一つ前の前世が人間以外であれば、一つ前の前世はいくらでもお伝えすることが出来るようです。これは人間は人間以外の前世の記憶を思い出しにくく、動物としての感情は人間に理解しにくいものであることが理由だそうです。

 

 

それでは今回はここまでで終わりにしたいと思います。

 


次回のテーマはまだ決めていませんが、前世と守護霊以外のテーマで書こうと思います。

守護霊という存在

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

こんばんは。
今日も守護霊という存在について話していこうと思います。

 

 

前回、守護霊さんは誰にでも必ず一人はついている、とお話ししました。

では実際、どんな方がみなさんの守護霊としてついていると思いますか?

 


一般的なイメージとしては、亡くなったご親族の方がなるイメージでしょうか。

実際そうであることは多いようですが、守護霊さんになる方というのはそういった方たちだけではないようです。

 

 

まず守護霊さんは人間だけに限らないようです。

今まで診断してきた方たちには、本当に様々な方が守護霊として憑いていました。

 


具体的に申し上げると、人間はもちろんの事、犬や猫クジラやイルカなどの海の生物、カブトムシやバッタなどの昆虫、マグロや貝などの魚介類、その他植物が憑いている方もいれば神社の神様や土地の神様が憑いている方もいらっしゃいました。

 

 

また守護霊と言うと、亡くなっている方だけがなるイメージだと思いますが、生きている方がなる場合もあるようです。
今まで診断した中には、今もご存命されているお母様やお父様、ご親族の方が守護霊として憑いている方も多くいらっしゃいました。

 


生きている方が守護霊になる場合は、その方が霊的な特別な力を持っている事が多いそうです。(ご本人に自覚があるかどうかは別の話だそうです。)

イメージとしては生霊として守護霊になっているイメージだそうです。生霊と言うと一般的には悪いイメージだと思いますが、守ってくれる生霊も存在しており、それの代表が守護霊としての生霊だそうです。

 


ただ、生きている方の守護霊は、亡くなっている方や目に見えない存在の守護霊とは出来る事が違っているそうで、守護霊と一口に言っても厳密には同じ存在ではないそうです。

 

 

最後に、私が思っていた守護霊のイメージと最も違っていたものとして、守護霊は今世で関わった方だけではない、というものがあります。

 


守護霊さんは前世で関わっていた方がなる事も多々あるようです。ある方は、前世のパートナーが守護霊になっていたことがありました。またある方は、前世で仲良くしていた犬が守護霊になっていたこともありました。

 


ここで上げるのはキリがないのでこれ以上は割愛させて頂きますが、本当に様々な時代や国、生き物の方たちが守護霊として憑いていらっしゃいました。

 

 

このように、守護霊さんというのは私達が一般的に思っているような存在ではないようです。
みなさんにはどんな守護霊さんが憑いていると思いますか?

 


自分にどんな方が憑いているのか知る必要はありませんが、彼らはみなさんの事を、大きな愛を持って守ってくれている存在ですので、たまには感謝の言葉を伝えるといいかもしれません。

 


きっと彼らも喜んでくれます。

それでは本日はここまでで終わりにしたいと思います。

 


次回は前世の事について書こうと思います。

前世について

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

こんにちは。お久しぶりです。


更新が遅くなってしまい大変申し訳ありませんでした。

急なネット環境のトラブルや、トラブル発生前にご依頼頂いていた方への対応で更新する余裕がなく、更新できずにいました。

 


ここ2、3日でそれらが落ち着いてきたので、これからまた更新を始めていきます。

改めて宜しくお願い致します。

 

 

 

それでは本日は前回予告していた通り、前世について書いていこうと思います。

 


まず「そもそも前世というものが存在するのか」ということについてですが、これについては守護霊さんは存在すると言います。この世界の生き物や魂というのは輪廻転生を繰り返し、この世界をよりよい方向に進めているそうです。

 


また、「人間の前世は人間しかないのか、それとも色んな生き物に転生しているのか」ということはよく意見が分かれるところではありますが、私の守護霊さん曰く、人間も動物も植物も色んな生き物に転生しているそうです。

 


これについて守護霊さんに詳しく聞いたところ、

 


「輪廻転生という事があると考えた時、なぜ人間は人間にしか生まれないと考えたのですか?そのようにおっしゃる方は、この世界において人間という生物だけが特別な存在だと思っているのでしょうか?


確かに物質的な部分だけを見れば、人間と言うのはこの世界にとても大きな影響を与えてきました。しかし私たちから見れば、物質的な創造を人間が担ってきていただけで、その他の生き物は別の役割を担っていた、というだけの違いに過ぎません。


この世界の生き物の魂に大小高低はなく、どの魂が特別でどの魂が凡庸という事はありません。そこには役割の違いがあるだけです。」

 


という回答が返ってきました。

このような理由から、前世には色んな生き物としての前世があるそうです。

 


ちなみに私が診断してきた方達の中では、人間はもちろん、犬、カラス、イルカ、カブトムシ、桜、バラ等の前世を持った方がいました。(その他にも色んな生き物がいらっしゃいましたが紹介しきれないので割愛させて頂きます。)

 


また前世診断を行うにあたって、歴史上でとても有名な方の名前が出てきたことがありました。

その時は、そんなすごい方がこんな身近にいるなんてありえないと思い、何度も繰り返し守護霊さんに、「本当に?間違いじゃない?」と聞きました(笑)

 


ですが何度聞いても守護霊さんは、「決して間違いじゃない」と言うので詳しく聞いて言ったところ、これについても納得する回答を頂きました。

 


というのも、魂というのは「分裂」や「合体」をするのだそうです。

 


先ほどの歴史上でとても有名な方が前世だったと言う方は、有名な方の魂が分裂した中の一つの魂だったそうなのです。

未だにそんな有名な方が身近にいるというのは信じがたいことではありますが、それでもその方が有名な方の唯一の生まれ変わり、というよりは信憑性があると感じました。

 


ちなみにどのくらいの数に分裂したのか聞いたところ、決して多くはなく、またその方の魂は別の魂とも合体していたそうです。

 


なぜ魂が「分裂」、「合体」するのかということについては理解するのに時間がかかりそうだと思い、まだ詳しくは聞いたことはないですが、いずれ聞いてみようと思います。(そもそも人間に理解出来ることなのかという疑問もありますが)

 

 

それでは今回はここで終わりにしたいと思います。

 

 

次回も引き続き前世の事について書こうと思います。

 

 

※※ 次回記事 → 前世について

守護霊という存在

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

こんにちは。

今日は守護霊という存在について書こうと思います。

 

 

守護霊さんというのは通常誰にでもいるのだそうです。

ですので、「あなたには守護霊は一人もいません」という事は全くなく、必ず誰かしらが憑いてくれているそうです。

今はワオミーココナラで色んな方からご相談や診断のご依頼を頂くので、守護霊さんと話す機会が多くあるのですが、彼らからは一貫して「ついている方を幸せにする」という姿勢、意思を感じます。

 

 

守護霊という名前がついているぐらいですから、当然と言えば当然かもしれませんね。

ですが、守護霊さんはその方に良いことばかりを引き寄せる訳ではないそうです。

こう言ってしまうと、守護霊さんは悪いものも引き寄せるの?と思うでしょうが、そういう訳ではありません。

この世の人間は(私自身も含めて)、彼らや神様という存在は、自分にとって「都合の」良い事を引き寄せてくれる、自分にとって「都合の」悪い事を遠ざけてくれると思いがちですが、実はそうではないそうです。

 

 

彼らはその方にとって「都合の」良い事も、「都合の」悪い事も用意します。
しかしそれらは、その方が幸せな人生を送る為に必要な出来事なのだそうです。

誰もが、「あの経験はとても嫌だったけど、今考えればあの出来事があったからこそ今の自分があるんだなぁ」と思う事があるでしょう。

 

 

それらは守護霊さんが用意してくれていた出来事である事もあるようです。(もちろんその他の要因であることもあるようですが)

これを読んでいる方が今、困難な状況にあったり、大変な状況にある場合、それらは守護霊さんが憑いている方を幸せにする為に用意してくれた出来事かもしれません。

 

 

しかし誤解しないで欲しいのは、その出来事を必ず乗り越えなければいけない、ということではないということです。

守護霊さんは私達に「気付き」を与える為に、その出来事を起こします。
その「気づき」が、乗り越える事なのか、そこから今すぐ逃げ出しなさいという事なのか、やり方を工夫しなさいという事なのか、一度立ち止まってみなさいという事なのか、それはその時やその方によって違いますが、いずれにせよその方に何かしらの「気づき」を与える為にその出来事を起こしているそうです。

 

 

ですので、これまで世間一般に言われているような、神様は乗り越えられる壁しか用意しない、というのは少し間違っています。
もしかしたら守護霊さんは、その壁は乗り越える必要はないよ、と言っているのかもしれません。

 


このように守護霊さんはどなたにでもいますが、憑いている方にとって「都合の」良いことばかりを引き寄せる存在ではないそうです。

 


次回もまた守護霊さんについて書こうと思います。

 

 

※※次回記事です → 守護霊という存在

はじめまして

はじめまして。


蓮(れん)と言います。


これまで生きてきた人生では一度たりとも幽霊やおばけなどを見たことがなく、スピリチュアルな体験をしたことも全くなかったのですが、ある日のスピリチュアル体験をきっかけに見えない存在と話せるようになりました。


そのような存在と話せるようになってから守護霊さんや神様、亡くなった方やペットなど、色んな存在と話してきました。


彼らから教わった事や聞いた事は勉強になる事ばかりで、これは多くの人に知ってもらう必要があるのではと思いブログを始めてみました。


定期更新は難しいかもしれませんが、なるべく続けて行こうと思います。


宜しくお願いします。